守成クラブとは


《守成クラブの由来》

「貞観政要」という中国の書物から引用した「創業守成」(守成は創業より難し)、同時に「先祖の完成した事

業を受け継いで守っていく」とする守成(史記)の言の2つを基に、伊藤小一創設者が命名しました。

 

目指すところ

われわれ中小弱企業を取り巻く経済環境は日増しに悪化しており、国や行政に期待すること自体が危険であります。

私たち唯一の生活基盤である企業。このかけがえのない会社を潰してはならない。必死に守って守って守り抜いて事業を盛んにすることをモットーにし、 マーケット拡大(会員拡大)による「商売繁盛」(自分たちのマーケットは自分たちで創る)を前面に打ち出した[仕事バンバンプラザ(集会)]の輪を全国に広めるものです。

仕事バンバンプラザについて

「安心を売る」「夢を売る」「スピードを売る」

これが今の時代、われわれ中小弱企業に必要な3要素です。

「90%の会社はこの3要素を持っていない」。だから倒産予備軍と言われます。

余計な議論や不要な会議方式をとらず、売上アップに直結する実利に徹して行われます。

「みんなの前で一対一の名刺交換をする=安心である」「わずかな会費でさまざまなトップと出会うことができる=夢がある」

「40人~100人以上の人と一度に名刺交換ができる=最速で面談ができる」。

つまり、[仕事バンバンプラザ]で行う名刺交換会には前述の3要素がすべて入っているのです。

“ビジネスチャンス”を拡大し、営業力を高めたい!
とにかく販売力を伸ばしたい!
そんな悩みを解決します。

“創業は易し、守成なり難し”⇒「守成クラブ」

守成クラブ

は、中小企業経営者によって構成する会員制。

そのねらいは、

売上不振・業績不振!このような経済環境を打破する商談交流会の場を設定。

余計な議論や不要な会議方式を取らず、とにかく売上げアップに直結する実利に徹して(商売に徹して)行われるものです。

「守成クラブ」活動の中心となる月1回の「仕事バンバンプラザ」に参加し、飛躍しよう!

  • 名刺交換会・・・参加者全員と1度に名刺交換
  • 車座(テーブル)商談会・・・同席した8~10名ほどと人脈を深める(自社PR)
  • 商談懇親会・・・懇親の場で即座に商談

参加者について

ゲストでの体験参加は原則1回までとなります。
必ず、正会員・準会員の紹介が必要です。

入会手続き・費用について

  • 入会に際しては紹介者(正会員・準会員)の推薦が必要
  • 費用 入会金(初年度のみ)10,800円+年会費19,440円=30,240円(税込)
  • 会員PR誌『がんばれ』を例会場で年12回配布
  • 例会費 月に1度 出席の都度 5,000円(飲食を伴う)

 

《守成クラブ綱領》

守成クラブは、次の綱領を掲げて活動して参ります。

★ 守成クラブ会員は、倒産しない。

★ 倒産しなければ、成長への夢がある。

★ 守成クラブでは、上記目的のために活動する。

 

《守成クラブの活動内容》

中小企業経営者による、会員制の異業種交流会「仕事バンバンプラザ」を毎月一回、全国150ヶ所で、開催し

ています。(※正会員は、全国どの会場にも参加が可能)ビジネスチャンスの拡大と営業・販売力のアップに

つながる名刺交換会・商談会等、商売繁盛のため、実利に徹した例会を行っています。

 

守成クラブ6つのお約束

1 「守成クラブ」への入会には、会員の紹介が必要です。

 

2 健全な会運営のために、政治的、宗教的または非社会的な活動を目的として入会することはできませ

ん。紹介者が必要なのは、まさにその故です。

 

3 仕事バンバンプラザ(例会)は、中小企業の経営者及びそれに準ずる方で運営されております。

 

4 仕事バンバンプラザへのゲスト参加(法人・団体代表、個人事業主及びそれに準ずる方)は、大いに歓迎

されますが、同一人物による例会参加は一回のみとさせていただいております。

 

5 仕事バンバンプラザの良いところは、正会員になってどんどんビジネスチャンスを広めることにつきます。

ひと汗流して、準会員から一日も早く正会員になりましょう。

 

6 一人はみんなのために、みんなは一人のために